DILLON



STORY (ストーリー)


アメリカのアリゾナ州に所在地を置く 『 Dillon Precision 』

軍事用マガジンや家庭用ピストルのバレット製造機等を販売している


この 『 Dillon Precision 』 から派生した会社が 『 Dillon Optics 』 であり、同社との共同開発商品が偏光マットミラーレンズの 『 NIRレンズ 』 である

彼は、1986年より今までにない新しいタイプの偏光レンズ (NIR) 開発に着手する

1987年夏には理論的は完成形となるのだが、その製造にはまったく新しい製造方法の確立が必要であった

製造方法を模索し年月は流れ、1990年このレンズは初めて製造に成功したのだが少数しか製造できず、

価格的にも一般消費者の手に届くものではなかった


さらに年月は流れ2005年、彼は1つの偏光レンズと衝撃的な出会いをする

その偏光レンズはプラスチック偏光レンズにおいて、以前では考えられなかったミラーコートを中に入れるというユニークな発想のモノであり


彼の諦めかけていた、NIRレンズ製造が動き出した

しかし、製造は試行錯誤の繰り返しで、2005年から2年の歳月と50種類以上の見本を経て、工場試作第1号が仕上がったのである

第1号の試作では不良率が70%を超えていたが、両社の熱意により2007年末には製造ラインに乗るめどが立ち

当初の価格設定よりも安価な製造方法を確立させていくことが出来るようになった

この製造会社が、フェイスオプティックの兄弟会社 『 乾レンズ 』 と協力会社 『 ニデック 』 である


『 Dillon Optics 』 のアメリカでの販売は、カリフォルニア州から始まりアリゾナ・ニューヨーク・ワシントン・テキサスと広がりを見せている

現在ではドイツにも出荷されるようになり、今後ますます伸ばしていく予定である

レンズカラーも当初シルバーのみであったが、2010年よりブラックシルバー、2014年にはブルーも追加された

また現在は、NIRのカラー・カーブ数・度付きレンズを開発中である

日本国内での販売・製造に関しては弊社に任されており、日本人に合うフォルム・サイズのフレームにNIRレンズを入れての販売となる


DILLON-COVER.gif『 Eyewear Of The Year 2011 サングラス部門グランプリ受賞 』した

DILLON(ディロン)モデル名 LUKE(ルーク)


一目で他のサングラスとの違いがわかる偏光マットミラーレンズ(NIR)を使用

特殊な反射光を持つコーティングをレンズにはさみ込むことで

ミラー効果がありながら反射を抑えたマットな見た目という

正反対の特色を合わせ持つレンズである


さらに、あらゆるコーティングをレンズに掛けることで

プラスチックでありながら光学ガラスの性能を再現させた高性能レンズである


今までになかった、まったく新しいサングラスになります

また、レンズと併せてフレーム自体にもクオリティーを追求し

すべてを日本で製作された ALL MADE IN JAPAN です


2014年新色のブルーマットレンズ完成

Eyewear Of The Year 2015 サングラス部門受賞 】